読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fedora 10: libvirtd で苦戦

KVM仮想化には、libvirtdを使用するが、virt-manager からローカルホストのhypervisor の状態を確認してみたところ、hypervisorが起動していないらしいエラーメッセージが出る。

virt-manager とlibvirtd の接続はネットワーク越しでもできるとの情報を持っていたため、 netstat -lntp を使って接続を確認しようとしたところ、libvirtdはtcpソケットを持っていないらしいことが分かった。行き詰まってしまい、一旦 libvirtd を落として、 virsh -c qemu:///localhost list を打ってみたところ

libvir: Remote エラー : unable to connect to '/var/run/libvirt/libvirt-sock': 接続を拒否されました
エラー: ハイパーバイザーへの接続に失敗しました

と表示され、Unix Socketを使っていることが判明した。

この後1つ前のNetworkManager の修正を行ったあと、libvirtdを再起動 ?? 等してみたら、何故かvirt-manager, virsh list 共に、hypervisorに接続できるようになっていた。 <-- ww


Unix Socket を使うのになぜNetworkManager が関係したのかは分からず終いだが、一応これでKVMを使う準備が整った。