読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbeatのSTONITHにfence_xvmを使ってみた

Fedora12のfence-virtパッケージ, CentOS5のcmanパッケージには、Fedora12 ホストOSのfence-virtdパッケージと連携し、他のゲストOSをFenceできるfence_xvmが付属している。このパッケージはRHCSのFenceDeviceとして使用できるが、合わせてheartbeatのSTONITH用のデバイスとしても使用できる。
ここでは、fence_xvmをSTONITHデバイスとして設定してみた。

STONITH向けスクリプトの作成

Fedora12, CentOS5とともに標準パッケージ内にはSTONITH向けのスクリプトが付属していないため、個別にSTONITH向けのスクリプトを作成する必要がある。

heartbeat(Fedora12ではpacemaker)では、STONITH向けのスクリプトは、/usr/lib/stonith/plugins/external/ に置かれているので、次のスクリプトをfence_xvm_stonithとして配置する。

#!/bin/sh
#

# Rewrite the hostlist to accept "," as a delimeter for hostnames too.
hostlist=`echo $hostlist | tr ',' ' '`

case $1 in
gethosts)
	for h in $hostlist ; do
		echo ${h}
	done
	exit 0
	;;
on)
	res=1
	for h in ${hostlist}; do
		if [ "${h}" != "${2}" ]; then
			continue
		fi
		fence_xvm -H ${h%%.*} -o on
		res=$?
	done
	exit ${res}
	;;
off)
	res=1
	for h in ${hostlist}; do
		if [ "${h}" != "${2}" ]; then
			continue
		fi
		fence_xvm -H ${h%%.*} -o off
		res=$?
	done
	exit ${res}
	;;
reset)
	fence_xvm -H ${2%%.*} -o off
	exit $?
	;;
status)
	fence_xvm -H ${2%%.*} -o status
	exit $?
	;;
getconfignames)
	echo "hostlist"
	exit 0
	;;
getinfo-devid)
	echo "fence_xvm STONITH device"
	exit 0
	;;
getinfo-devname)
	echo "fence_xvm STONITH external device"
	exit 0
	;;
getinfo-devdescr)
	echo "fence_xvm-based Linux host reset"
	echo "Fine for testing, but not suitable for production!"
	exit 0
	;;
getinfo-devurl)
	echo "http://www.google.co.jp"
	exit 0
	;;
getinfo-xml)
	cat << FENCEVIRTXML
<parameters>
<parameter name="hostlist" unique="1" required="1">
<content type="string" />
<shortdesc lang="en">
Hostlist
</shortdesc>
<longdesc lang="en">
The list of hosts that the STONITH device controls
</longdesc>
</parameter>

</parameters>
FENCEVIRTXML
	exit 0
	;;
*)
	exit 1
	;;
esac

この状態で、heartbeatが動作しているノード上で、

# stonith -L

を実行すると、 external/fence_xvm_stonith が表示される。

STONITHデバイスとして動作しているかを確認するには、次のように入力し、実際にVMが停止されることを確認する。(下の例は、centos-virt14/15をクラスタとし、centos-virt14からcentos-virt15を停止する場合。)

# stonith -t external/fence_xvm_stonith \
hostlist="centos-virt14.jp.example.org centos-virt15.jp.example.org" \
centos-virt15.jp.example.org -T reset

STONITHデバイスの設定

STONITHデバイスを実際に設定する方法はCentOS5と、Fedora12でかなり大きな違いがある。

CentOS5の場合

CentOS5ではEPELからheartbeatをyumでインストールできるので、筆者はこちらを利用した。(heartbeat-2.1.4-11.el5 のパッケージを使用)
なお、heartbeatの2.0系列では、2ノードクラスタのリソース管理のために、crmを使用する方法と、haresourceを使用する方法があるが、ここではcrmを使用する方法を使っている。

設定方法としては、次のリンクを参考にした。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/heartbeat03/heartbeat03c.html

この系列のcrmでは、設定用のGUIやシェルが存在しないため、オンラインで設定を反映するには、cibadmin(cib.xmlを直接編集するためのツール。。)を使用する必要がある。。設定内容は、次の3点となる。
1. crm_configのstonith_enabled をTRUEに設定する
2. resoruces でprimitiveとしてexternal/fence_xvm_stonithを設定する
3. constraintsでrsc_location を設定し、stonith用のデバイスが正しいノードで実行されるようにする。

参考までに、設定に使用したxmlファイルを添付しておく。。(基本的にこれらのxmlファイルを # cibadmin -C -x xmlファイル名 や、 # cibadmin -U -x xmlファイル名 で反映すれば登録できるはずである。。 orz)

1: stonith_enabled を設定
<?xml version="1.0" ?> 
<cib> 
 <configuration> 
  <crm_config> 
   <cluster_property_set id="cib-bootstrap-options"> 
    <attributes> 
     <nvpair id="stonith_enabled" name="stonith_enabled" value="TRUE"/> 
    </attributes> 
   </cluster_property_set> 
  </crm_config> 
 </configuration> 
</cib> 

2: STONITH用のデバイスを設定
<?xml version="1.0" ?> 
<cib> 
	<configuration> 
		<resources>	 
			<primitive class="stonith" id="stonith-fence_xvm_centos-virt14" provider="heartbeat" type="external/fence_xvm_stonith"> 
				<instance_attributes id="stonith-fence_xvm-instance_attributes_centos-virt14"> 
					<attributes> 
						<nvpair id="stonith-fence_xvm-hostlist_centos-virt14" name="hostlist" value="centos-virt14.jp.example.org centos-virt14.jp.example.org"/> 
					</attributes> 
				</instance_attributes> 
			</primitive> 
		</resources>	 
	</configuration> 
</cib>


3: STONITH用のデバイスが正しいノードで起動するように設定
<?xml version="1.0" ?> 
<cib> 
	<configuration> 
		<constraints> 
			<rsc_location id="rloc_centos-virt14" rsc="stonith-fence_xvm_centos-virt15"> 
				<rule id="rloc_centos-virt14:rule1" score="INFINITY"> 
					<expression id="rlocl_centos-virt14:rule1:expr1" attribute="#uname" operation="eq" value="centos-virt14.jp.example.org"/> 
				</rule> 
				<rule id="rloc_centos-virt14:rule2" score="-INFINITY"> 
					<expression id="rlocl_centos-virt14:rule2:expr1" attribute="#uname" operation="ne" value="centos-virt14.jp.example.org"/> 
				</rule> 
			</rsc_location> 
			<rsc_location id="rloc_centos-virt15" rsc="stonith-fence_xvm_centos-virt14"> 
				<rule id="rloc_centos-virt15:rule1" score="INFINITY"> 
					<expression id="rlocl_centos-virt15:rule1:expr1" attribute="#uname" operation="eq" value="centos-virt15.jp.example.org"/> 
				</rule> 
				<rule id="rloc_centos-virt15:rule2" score="-INFINITY"> 
					<expression id="rlocl_centos-virt15:rule2:expr1" attribute="#uname" operation="ne" value="centos-virt15.jp.example.org"/> 
				</rule> 
			</rsc_location> 
		</constraints> 
	</configuration> 
</cib> 
Fedora12の場合

Fedora12ではpacemakerが直接yumでインストールできるのでそちらを使用した。
http://fedoraproject.org/wiki/Features/Cluster

Pacemakerの場合にはcrmシェルがあるため、xmlファイルを直接編集する必要はないようである。。
STONITH用デバイスの設定には次の3行を追記する。(クラスタ
fedora-virt7/8 の2ノードで構成されている場合。)

primitive fence_xvm_stonith stonith:external/fence_xvm_stonith params hostlist="fedora-virt7.jp.example.org fedora-virt8.jp.example.org"
clone fencing fence_xvm_stonith 
property stonith-enabled=true

稼働確認

STONITHデバイスが上手く動作している時には、crm_mon の出力に、次のような表示が行われるようである。

実行コマンド:
# crm_mon -i 1
CentOS5の場合
stonith-fence_xvm_centos-virt14 (stonith:external/fence_xvm_stonith):   Started centos-virt15.jp.
example.org
stonith-fence_xvm_centos-virt15 (stonith:external/fence_xvm_stonith):   Started centos-virt14.jp.
example.org
Fedora12の場合
 Clone Set: fencing
     Started: [ fedora-virt7.jp.example.org fedora-virt8.jp.example.org ]

設定が上手くいかない場合には、大抵この出力の、"Failed Resouce"の部分で、fence_xvm_stonth_0_start などが出力されているので、色々と確認してみる必要がある。。orz
( xmlファイルでノード名が間違っていないか、など )

実際にSTONITHが起こるかを見てみるには、heartbeatに使っているNICをifdownしてみるとよいようである。。

# ifdown eth0

上手く動作していると、自動的にVMが停止され、リソースが移動するはず、、である。 orz

今のところ、heartbeatとfence_xvmを組み合わせてつかうことがどれぐらいあるかは分からないが、覚えておくのが無難なようである。。